デビットカードで預金残高を超えたキャッシングはできません

デビットカードは、クレジットカードとほぼ同じ使い方ができます。カードを使って買い物をしたり、ATMからお金を下ろすこともできます。クレジットカードとキャッシュカードが一体となったものと考えておけばいいでしょう。

しかし、完全にクレジットカードと同じ機能が使えるわけではありません。クレジットカードでは、ショッピングをするときに枠の範囲内なら自由に買い物ができます。さらに、一括払いと分割払い、リボ払いを選択することもできます。しかし、デビットカードではショッピング枠というものはなく、預金残高の範囲内でしか買い物はできません。口座に10万円が入っているなら、デビットカードで10万円までの買い物はできますが、それを超えて買い物をすることはできません。また、公共料金の支払いなどにはデビットカードでは登録ができません。なぜなら、毎月お金を引き落とせるという保証がないからです。

クレジットカードのキャッシングは、カードローンとほぼ同じ機能を備えており、枠の範囲内で自由に借入ができます。しかし、デビットカードにはキャッシング機能はついておらず、借金をすることはできません。あくまで預金残高の範囲内で、お金を下ろすことができるだけになります。

一見すると、クレジットカードのほうが便利であるように思えますが、借金の一種なので、利息がついたり、延滞をしてしまうと信用情報に傷がつくというリスクもあります。VISAデビットカード比較は借金ではありませんので、そういったリスクはありません。